横須賀女子Club

■チーム紹介■

K-SBClubは神奈川県のソフトボールにおけるレベル強化を目的に設立されたチームです。
2008年北京オリンピックでは、ソフトボールの楽しさや技術レベルの高さを多くの人が注目されました。
近年、ソフトボール人口が減り中学の部活動でも人数の減少やソフトボール部の廃部によって、「中学でもソフトボールを
やりたいけれどできない。」「もっと高いレベルでやりたい」といった思いを持っている子供たちが沢山います。

当クラブではそんな少年少女をサポートし、将来的には強豪高校や実業団で活躍できる選手を育てていくことを目指しています。
またソフトボールだけではなく、学校生活での取組み、礼儀、本気で取組む姿勢、諦めない心などを指導していきます。
子供たちは私たちが子供の時のように、怒鳴ったり罰を与えて無理やり従わせるようなやり方では成長できません。
子供達の意思や思いを尊重しながら愛情のある優しさと厳しさでの指導を目指しています。

現在、当クラブには女子社会人クラブチームも所属していますので、当面は女子社会人クラブチームの選手と共に練習します。

団体名 K-横浜女子クラブ
設立 2019年4月
スタッフ 社会人野球経験者、ソフトボール実業団経験者
活動場所 横浜市、横須賀市近郊(試合等で遠征する場合もあります)
<主要グランド>
・横須賀市 夏島グランド(月2~3程度)
・横須賀市 県立福祉大学(月2~3程度)
その他、横浜市・横須賀市・綾瀬市のグランドも抽選予約しています。
練習日 毎週土日祝、平日1日
試合日 選手および保護者の方へ随時お知らせ致します。